無法松の魅力

店主 渡邉 俊一

長年歩んだ「和の道」の研鑽を続けながら、日々新たな発見がある「洋の技」を取り入れる。
無法松では、そうした和と洋のマリアージュが無数のメニューを生み出しています。

食材も技法も和洋の垣根を越えて自由な発想で考え出したメニュー達ですが、
共通しているものもあります。「食べて美味しい、旨い料理を出す」
店主の想いが込められた逸品を心ゆくまでお楽しみください。

ケースで表す 「心構え」

今日はお客さんの少ない日かな、
そう思っても仕入れを絞ることはしません。どんな日もネタを常に豊富に揃えて
お客様を出迎える。それが無法松の心構えです。

和の心

無法松の朝は、味の決め手となるお出汁を引いて、
食材の仕入れを行うところから始まります。
食材は鮮度が命。舌の肥えたお客様に納得いただけるよう、
信頼できる複数の業者さんからいいものだけを仕入れています。

のどぐろ煮付け

洋の技

日々勉強の洋食。様々な技法のなかでも、ソース作りの奥深さは随一だと思います。
無法松ではフルーツを取り入れ、煮込むほどに味わい深くなる特製ソースを作っております。
細部に和の技術も取り入れた洋食をぜひお試しください。

ふろふき大根

無法松の魅力

初めての方には店主が一番おいしいと思う味付けで、
常連さんには、その方の好みの味付けでお料理をお出しします。
また、好きなお酒があればそれに合う味付けにも。
通っていただく度に好みを知っていき、
無法松の料理は少しずつ貴方好みに変化します。

日本酒からワインまで

和と洋の技を組み合わせ、旬の食材を調理しています。
自由な発想で作るメニューは100種に迫るほど。
試行錯誤を重ねて生み出した逸品たちをぜひご賞味ください。

デコ

最上部へ